あなたに安全・安心を─。白髪染め・ヘアケアのことならヘアケア専門店レフィーネ公式オンラインストアにおまかせください。


レフィーネ・ビューティコラム第35回

レフィーネビューティコラム

皮膚科医・野村有子先生に聞く!レフィーネ世代の美と健康。

第35回 更年期の肌トラブル 対策方法 ~「目もと」~ ケア3

アイケアのポイント1

それでは、具体的にアイケアの方法についてお話ししたいと思います。
夜、帰宅した瞬間からケアは始まります。クレンジング→洗顔→保湿ケアが大切です。

クレンジング

メイクの汚れは、溶かして浮かせて落とします

1.準備をする

顔のすみずみまでしっかり洗顔できるように、髪をすっきりまとめます

2.アイメイクを落とす

顔全体のメイクを落とす前にマスカラ、アイシャドウなどのアイメイクを、
専用のクレンジングを使って、先に落とします
その後に、顔全体のクレンジングを、目もとは避けて行います

check

デリケートな部分なので、肌をこすらずやさしく

マスカラをふき取る

コットンにクレンジングやリムバーを含ませ、まつ毛をはさむようにして根元から毛先に向ってゆっくりと

アイメイクを落とす

コットンや綿棒にクレンジング剤をつけ汚れが広がらないように横にやさしくなでてふき取る

洗顔

メイクの汚れは、溶かして浮かせて落とします

1.準備をする

洗顔は手でおこなうようにする。洗顔前に手をよく洗いましょう手が汚れていると洗顔料の泡立ちが悪く洗浄力も半減してしまいます

2.ぬるま湯で肌をぬらす

ぬるめのお湯で顔全体を1~2回すすぎます
顔表面の肌をあらかじめぬらしておくと、あとの洗顔が効果的になります

3.洗顔料を手でよく泡立てる

手のひらを使って泡立てます。泡はきめ細かく、クリーミィに。

4.泡で顔を包むように洗う

泡を顔の上でころがすような感じで行います。
指に力を入れず、泡で包むようにして、汚れを落とします。

ふんわり洗顔法

・手で顔全体を包み込むようにして、
手のひらで大きな円を描くように洗います

・目のまわりは両手の中指と薬指を使い、やさしく泡で包むようにします

・泡を顔全体にいきわたった後に、手にすくったぬるま湯でやさしく洗い流します

・この時、手で顔をこすらないように注意しましょう

check

きめ細かくてクリーミィな泡をつくる

ぬらした石けんを手のひらで 泡立てたら、ぬるま湯を数滴たらして泡立てます

次回は、目もとのケアと保湿についてのコラムです。

野村有子先生
野村有子先生

野村皮膚科医院 院長
医学博士、皮膚科専門医

慶應義塾大学医学部卒業。同大学医学部皮膚科教室入局後、神奈川県警友会けいゆう病院勤務等を経て、横浜市に野村皮膚科医院を開業。「一人一人の患者様を大切にし、最高の医療を提供する」という医療理念のもとに、あらゆる皮膚疾患について丁寧に説明をし、治療からスキンケアにいたるまできめ細かな指導を行っている。スキンケア教室、フットケア外来、シューズカウンセリングなど、患者様に役立つ情報提供にも力を入れており、また、医院には「アレルギー対応のモデルルーム」や「皮膚科のカフェ」も併設されている。