あなたに安全・安心を─。白髪染め・ヘアケアのことならヘアケア専門店レフィーネ公式オンラインストアにおまかせください。


汗を流すだけじゃない夏こそゆっくり湯船のススメ

美人手帳2015年8月号

汗を流すだけじゃない夏こそゆっくり湯船のススメ

習慣として入っている「お風呂」も入り方ひとつで、「美と健康」の最大の味方になるのです。

一日の締めくくりはお風呂で!


清潔に体を保つために毎日シャンプーをするとともにお風呂にも入っている方も多いと思います。この「入浴」は健康にとって、とても大切なものです。
半身浴や温冷浴など様々な入浴法がありますが、共通している大切なことは全身をいかに温めるかということです。

シャワーだけで済ませてしまうという方もいらっしゃると思います。確かに汚れは取れますが、血行改善にはなりません。また、低体温や冷え性の方は、改善の手助けにもならず、健康保持から遠ざかってしまいます。是非、湯船にゆっくり浸かる習慣をつけるようにしたいものです。

実際、慢性的な病気を患っている人には、長い年月入浴をいい加減にしていたと答える人が多く見られると言う話も聞きます。逆に、全身を温める入浴により病状が改善したという例もあります。全ての病状が入浴によって良くなるわけではありませんが、血液の循環を良くしておくことは、健康の必要条件と言えます。

また、日頃の生活環境で私たちは汗をかくことが少なくなっています。
最近の猛暑では、気温は高いですが、エアコンで冷やされ、冷たい飲み物を取り、身体は冷えてしまっていることが多いものです。家に帰ったら、まず、お風呂に入って体を温める事をおすすめします。

色々な入浴法がありますが、基本はゆっくりと温まればよいのです。
入浴如何で、のちの健康に影響が出るといっても過言ではないでしょう。

入浴中にオススメ

ヘッドスパでリラックス♪

半身浴をしている時間はちょっと手持ち無沙汰。
空いた時間にヘッドスパマッサージをしてみませんか。
専用のブラシがなくても指の腹を使えば簡単です。

  • 90秒 -7歳 日替わりヘッドスパ
  • -5歳ヘッドスパ エステティシャン直伝 ヘッドスパ方法

足湯で温活♪

  • 1

    くるぶしまで浸かれる深さのバケツか、たらいを用意します。

  • 2

    お湯の温度は42度が最適。少し熱いかな?と感じるくらいで。
    【ポイント】 お湯は多めに沸かしておき、ぬるくなったら注ぎ足しましょう。

  • 3

    バケツ・たらいにお湯を注いだら、荒塩小さじ2~3杯入れます。
    【ポイント】 ラベンダーやミントなど好きなアロマオイルをプラスすれば気分もスッキリ

  • 4

    最低でも15分以上行います。

▲ 8月は「きくらげときゅうりの酢の物」です ▲

美人手帳 一覧はこちら




10月限定3種のクーポン
1020円引きクーポン
クーポンコード:TC48
500円引きクーポン
クーポンコード:TC57
200円引きクーポン
クーポンコード:TC23