あなたに安全・安心を─。白髪染め・ヘアケアのことならヘアケア専門店レフィーネ公式オンラインストアにおまかせください。


レフィーネ・キッチン10月のレシピ 「さんまのトマトジュース煮」

美人手帳 レフィーネ Kitchen

レフィーネキッチンから、美しい髪を作るレシピをご提案。
未来の美髪のため、いつもの食卓に「あと1品」を。

10月のレシピ 「さんまのトマトジュース煮」

今月は旬の秋刀魚。美髪をつくるのに大切なビタミンB2や、良質のタンパク質が含まれる秋刀魚はまさに美髪の元。またトマトに含まれるリコピンは「抗酸化作用」があり、身体がさびるのを防ぎます。トマトジュースを調理に活用し、和食になりがちな秋刀魚を洋風に仕立てました。
ビタミンB群は、タンパク質を「髪」にするために必要な栄養素で、頭皮の健康を維持したり、血行をよくする働きがあります。この時期の秋刀魚はおいしいだけではなくとてもリーズナブルに買えます。今回はトマトとあわせましたが、さまざまなレシピにチャレンジしてみても良いかもしれません。

さんまのトマトジュース煮

テーマ:さんまとトマト

材料(2人分)

  • さんま・・・・・・・2尾
  • お好みのきのこ・・・・・・・100g

  • オリーブオイル・・・・・・・大さじ2
  • にんにく・・・・・・・1かけ
  • 玉ねぎ(小)・・・・・・・1/4個

  • 砂糖・・・・・・・小さじ1
  • 酢・・・・・・・大さじ1
  • しょうゆ・・・・・・・大さじ1

  • トマトジュース・・・・・・・190g

  • 乾燥パセリ・・・・・・・大さじ1
    (生パセリなら3g程度)

  • 小麦粉・・・・・・・適量
  • 塩・こしょう

つくり方

調理時間20分 1人分516kcal

  • 01きのこは石づきを取って食べやすい大きさに切る。にんにく、玉ねぎはそれぞれみじん切りにしてあわせておく。
    生のパセリを使う場合はみじん切りにする。
  • 02さんまは頭としっぽを切り落とし、腹びれの後ろあたりから包丁を頭の方へ入れて腹を切って内臓を出し、水でよく洗う。
    2つか3つのぶつ切りにして、キッチンペーパーでよく水気をとる。
  • 03塩こしょうをして小麦粉大さじ1程度を全体にふりかけ、手で全体に薄くのばし、余分な粉ははたいておく。
  • 04鍋または深めのフライパン(蓋ができるもの)にオリーブオイルを入れ中火にし、さんまを両面さっと焼く。
  • 05弱火にし、にんにくと玉ねぎを入れる(火がまわるよう、さんまを鍋の片側によせて空いた部分に入れるとよい)。
  • 06にんにくと玉ねぎがしんなりしてきたら、砂糖、酢、しょうゆをいれ沸騰させる。
  • 07トマトジュースをいれ、きのこがジュースに浸かるように鍋に入れ、パセリの半量を入れて蓋をし、弱火で5分煮込む。
  • 08仕上げにパセリをふりかける。

さんまを三枚におろすと子供でも食べやすくなります(三枚おろしはお店でやってもらえる場合が多いです)。
さんま以外の魚で作っても美味しいです。

さんまをおろすときには、まな板の上に新聞紙を敷いて作業すると、そのまま頭や内臓をくるんで捨てられるのでオススメです。

レシピ制作

食育インストラクター、キッズキッチン認定トレーナー。庄司 史扇(しょうじひとみ)先生レシピ提供や親子・子供向け料理教室を主宰。忙しいお母さんでも簡単で美味しく栄養価の高い料理を提案しています。

庄司 史扇(しょうじひとみ)先生