あなたに安全・安心を─。白髪染め・ヘアケアのことならヘアケア専門店レフィーネ公式オンラインストアにおまかせください。


朝、スッキリ目覚めたい!知っておきたい”熟睡”眠のコツ

美人手帳2015年1月号

朝、スッキリ目覚めたい!知っておきたい

年末年始の長いお休み。
普段と違ったライフサイクルを送ってしまい
なかなか「休み疲れ」がとれない…。
そんな今だからこそ分かる、睡眠の大切さについて。

朝、気持ちよく目覚めるために

よく人生の3分の1は寝ているといわれますが、睡眠は、生きていく上でとても大切です。

しかし、最近は生活習慣や仕事の関係で、思うように睡眠を取れない方が増えています。

「眠たいときに寝る」、これはごく自然のことのようですが、健康の元であり、日中の活動効率や感情の安定感など、とても大切な役割を持っています。

では、どの位の睡眠時間が必要なのでしょうか。

ベストは、7~7.5時間です。

身体の組織を修復してくれる成長ホルモンが分泌されるのは、午後11時から午前2時の3時間。疲れを取るためにも夜更かしをしないようにしましょう。

夜眠くなるには、眼に強い光を入れないようにすることも必要です。たとえば、夕食の後などは、間接照明などでお部屋の環境を整えてください。

寝るときには部屋を極力暗くすることで、セロトニンが分泌され、精神を安定させて、心地良い眠りにつくことができます。

しかし、本当に真っ暗になると、感覚遮断といって、ぐっすりと眠れないことがあります。特に、旅行先など慣れない場所では、ほの暗いくらいがちょうど良いのです。

朝スッキリ眼を覚ますには、朝日が昇った時に部屋が明るくなるように、カーテンは薄いものがいいでしょう。太陽光を浴びるのが望ましいのですが、曇っていたら部屋の照明を点けて明るくしてください。

これは、自律神経の調整としても大切です。人は太陽にあたらないと1日25時間周期なのですが、太陽の光を感じることで体内時計を24時間周期にリセットします。

起きにくいときは、手と足のグー、パーを30回位繰り返して、血行促進を行うと起きやすくなります。

休日の寝だめや、遅くの目覚めは、体調を崩す原因にもなりますのでご注意くださいね。

美人手帳 一覧はこちら