あなたに安全・安心を─。白髪染め・ヘアケアのことならヘアケア専門店レフィーネ公式オンラインストアにおまかせください。


毛髪診断士によるヘアケア講座!意外と知らない「洗髪の歴史」

美人手帳2018年7月号

毛髪診断士によるヘアケア講座!意外と知らない「洗髪の歴史」

江戸時代は髪をどう洗っていた?
シャンプーをし始めたのはいつ頃から?
1980年代に流行ったものは?
洗髪にも、歴史があるのです

江戸時代の洗髪は、ナント月に1回程度!

日本髪が結われていた江戸時代は1ヶ月に1度程度しか髪を洗わなかったそうです。
江戸の女性はそれでも夏になると洗髪回数が増えたと書かれた史料もありますが京坂の女性や、江戸でも御殿女中などはあまり髪を洗わず、櫛で梳かし匂い油を使うという記述があるそうで、洗髪頻度は季節や地域によって差はあれど今のような衛生観念とは違っていたようです。

時代は下り、大正から昭和初期にかけて初めて「シャンプー」の名がついた商品が販売されました。
当時の広告には「せめて月二回は!」と書かれており、その後数十年かけて「週一度」「5日に1度」と徐々に広告上での洗髪回数が短くなっていきます。
毎日のシャンプーが謳われるようになったのは1980年代に入ってからのようです。
この頃は「朝シャン」ブームまでありました。

時代を経て、髪を洗うことに対する意識が変化し、清潔な習慣が根付いたのだと言えます。

毎日のシャンプーで頭皮を清潔に保ちましょう

シャンプーの目的は「頭皮の皮脂汚れを取り除くこと」です。
頭皮の皮脂は額から分泌される皮脂の約2倍。
1日~2日放置して皮脂が酸化すると、臭いや地肌トラブルを引き起こしやすくなります。
「洗いすぎて必要な皮脂も取ってしまうのでは」と不安のお声もいただきますが、皮脂は留まることなく出続けますので、よほど洗浄力の強いシャンプーを使わない限り心配されなくても大丈夫です。

しかし、注意したいのはその時間。
80年代に流行した「朝シャン」が、今は推奨されてない理由をご存知ですか?シャンプーしたての頭皮はまだ充分に必要な皮脂で保護されていない状態です。そのまま外出して紫外線を浴びたりすると頭皮へのダメージが心配です。シャンプーは、1日の汚れを落とすという意味でも、夜に行いましょう。

頭皮に優しいシャンプーを使いましょう

カラーセーブシャンプーローズの香り

カラーセーブシャンプー
ローズの香り

カラーセーブシャンプーラベンダーの香り

カラーセーブシャンプー
ラベンダーの香り

マイルドな洗浄力で家族みんなで使えるシャンプー
毎日肌に直接触れて使うものだから優しいものを使いたい。使い心地だけでなく、仕上がり、使用感、そして肌への刺激など、あらゆる面でやさしさにこだわっています。

Coboジュレシャンプーオレンジ&ミントの香り

Coboジュレシャンプー
オレンジ&ミントの香り

トリートメント要らず
忙しい日々の中でシャンプーの時間だけは癒やしタイムに。ジュレタイプのオイルシャンプーで、オレンジ&ミントの香り。

薬用スカルプシャンプー

薬用スカルプシャンプー

頭皮を洗う薬用シャンプー
8種類の頭皮ケア成分が頭皮環境を整えます。しかもアプローチするのは頭皮だけじゃないんです。髪のハリ・コシがアップして全体的にふんわりしなやかに仕上がります。

過乾燥しない優しい洗浄力のシャンプーで髪をこすらずに頭皮をしっかり洗うことを、ぜひ毎日の習慣に取り入れてくださいね。



美人手帳 一覧はこちら