あなたに安全・安心を─。白髪染め・ヘアケアのことならヘアケア専門店レフィーネ公式オンラインストアにおまかせください。


第6回 お母さんへのメッセージ結果発表

第6回お母さんへのメッセージ結果発表


大賞のメッセージはこちら
お母さんへ。いつのまにか、お母さん、もう75歳になるんだね。還暦のお祝いをして、古希にはみんなで食事に行って…まるで昨日ことのようなのに、もう何年も経っているんだね…あなたの娘は42歳になり、孫は15歳になりました。気を抜くとすぐに太ってしまう娘は「お父さんもお母さんも細いのに!おばあちゃんの遺伝子のせいだわ!(笑)」とよく言っていますよ。毎朝起こしてくれること、お弁当を作ってくれること、掃除に洗濯などなど、学生の頃は当たり前のようにしてもらっていて、私は「ありがとう」なんて言葉にしなかったように思います。先日、塾にお弁当を持って行った娘から「今日はお休みなのにお弁当ありがとう。美味しかった。」とメールが来ました。「ありがとう」「美味しかった」こんな些細な一言がどれほど身に沁みるか…どうしてあの時、私はお母さんに「ありがとう」を言わなかったんだろうと悔やまれました。今更ですが、お母さん、今までありがとう。栄養に気をつかった食事、真っ白な洗濯物、それらは決して「当たり前」ではなかったのに。自分が母親になって気が付きました。お母さん、今度ひじき炊いたの持っていくから。待ってて。
kaoriさん
ママへ。ママと呼んだのは20年ぶりですね。娘が生まれてから呼び方がママからバァバに変わり当時の私は少しホッとしたのを覚えています。大人なのにママと言う呼び方は子供っぽいと思ってはいたけれど今更お母さんとも呼べず困惑していたのです。あれから20年、お互いに年を重ねママは80歳を過ぎ私もまもなく50歳です。持病を抱えながらも常に前向きな姿勢はこの先も私のお手本です。自分の体調もままならないのに電話を切る間際に「身体に気をつけなさいね」と言ってくれる度に親子であるという事実をかみしめ胸が温かくなります。娘が子を持つまではもう少し時間がかかりますが呼び名がバァバからひいバァバになるまで長生きして下さい。その時は私も娘からバァバと呼ばれ目尻を下げている事でしょう。今まで色々なことがあったけどママに贈る言葉は平凡だけどこれしか見つかりません。「ありがとうね、そしてこれからもよろしくお願いします」
しゅうとさん
お母さんへ。お母さんはいつも考え方が前向きで、落ち込んでいるときでも、少し話をするだけで元気になれます「くよくよ考えても、なるようにしかならない」と励ましてくれましたね。ありがとうございました。久しぶりに大泣きしてしまいした。お母さんがいてくれてよかったです。旦那の前では、あんなに泣けないです。だんだん体がちいさくなってきましたね。ちょっと寂しいです。今年も沢山野菜をつくって、分けて下さいね。この間もらった鯖のひもの。とってもおいしかったです。私が揚げるのが面倒で、わざわざお母さんに揚げてもらいにいった冷凍コロッケも、その夜美味しくいただきました。グランドゴルフ楽しくいっているみたいですね。体調に気を付けて、これからも元気でいてください。いつもありがとう!
jpakiさん