保有ポイント・注文の確認

白髪染めを上手に使う方法は?

白髪染めを上手に使う方法は?

毛質による染まりやすさの違い

髪の毛の毛質には、硬軟性があります。

硬い髪は、毛皮質にハードコルテックス(パラコルテックス)が多く含まれ、吸湿性が少なく、損傷しにくく、染色しにくい毛質です。
軟らかい髪は、逆にソフトコルテックス(オルトコルテックス)が多く含まれ、染色しやすい毛質です。

別の毛質として、くせ毛がありますが、これはパラコルテックスとオルトコルテックスが髪の内部で各々、右または左にかたよっています。このような毛質も染まり難いと判断できるでしょう。

硬い髪でも、パーマや二剤式ヘアカラーをしている部位は、染まりやすくなっています。


放置時間と染まりやすくする方法

まず、カラーリング剤を塗布する前にハンドドライヤーなどで、髪を温め、乾燥させるようにしてください。
そして、カラーリング剤を髪の根元からたっぷりつけ、専用コーム等で毛先まで十分になじむように塗布してください。

放置する時間は、製品によりますが、レフィーネの場合は30分くらいを目安にしてください。
放置時間は、ただ長ければよいというわけではありません。

シャワーキャップなど、染毛を促進するキャップを使用すると、さらに良い効果が期待できます。

コラム一覧に戻る
サイトTOPに戻る

商品カテゴリー

電話でのご注文はこちら:0120-07-6000 【受付時間】9:30~20:00(年末年始をのぞく)

インフォメーション

PCサイトへ