保有ポイント・注文の確認

ヘアケア専門店レフィーネ公式オンラインストア

「抗がん剤の副作用による脱毛について2」

抜毛が進行中のときに、頭皮を清潔に保たなければいけないことはお伝えしましたが、頭髪をさわるのがこわい、そっとしておきたいと思われる方も多くいらっしゃいます。気持ちはわかりますが、回復期にちゃんとした髪が再生されるためにも、正しいシャンプーを行うことが大切です。では、頭皮になるべく負担の かからないシャンプー方法をご説明いたします。

  1. ①シャンプー剤の臭いや刺激が気になるときは、シャワーを2分位頭皮にあてるように するだけでも汚れを取り除くことができます。このとき、両手で頭皮をもみ出すように 軽く動かすとさらに効果的です。
  2. ②シャンプーを使用できるときは、泡立てを直接髪で行わないで、スポンジなどを用意 して、あらかじめ泡立ててその泡を頭皮になじませるようにつけ、頭皮をこすらず両手 でもみ出すように動かして毛孔につまった汚れを取り去るイメージで洗ってください。 髪についてもこするのではなく、手ぐしで根元から毛先に向かって泡を移動させるよう にすると、もつれずに洗うことができます。また、リンス剤等は、毛先を中心に使用して、なるべく頭皮につかないようにして下さい。
  3. ③十分すすいだ後、タオルドライをしますが、そのときもこするのではなくタオルを髪・頭皮に押し当てるようにして下さい。 次に冷風でのドライヤーで乾かしはじめ、髪が軽くなってきたら温風にてまとめて下さい。けっして「なまがわき」のままに しないで下さい。この工程により炎症を予防して、頭皮の汚れが取れて髪の再生の準備となります。 次回は、化学療法後の対応を説明いたします。
コラム一覧に戻る
サイトTOPに戻る

商品カテゴリー

電話でのご注文はこちら:0120-07-6000 【受付時間】9:30~20:00(年末年始をのぞく)

インフォメーション

PCサイトへ