保有ポイント・注文の確認

ヘアケア専門店レフィーネ公式オンラインストア

ストレスについて

現代はストレス社会と言われていますが、ストレスの内容としても様々な内容があります。
物理的(環境の変化、化学物質の摂取等)や心理的(理性と感情の葛藤、感覚情報等)なもの、現代社会、職業、家庭、経済、政治社会的なものと、人間は生きている限りストレスと関わっています。

ストレスは悪い事ばかりではなく、時には生きる活力となる事もあります。
しかし、出来ればその都度、ストレスを解消する努力も必要です。

ただし、ストレスが多様であると同時に、解消法も人のタイプによってだいぶ違ってきます。
大きく分けると4タイプあります。

Aタイプ 痛い・苦しい型

・・・比較的普段元気で、ストレスをあまり自覚せず体に現れる痛い・苦しいの原因をストレスと思っていないタイプ
→このような人は無理をしないで、手浴・足浴等で、体を温めリラックスする事が大切で、決してガマンしない事です。

Bタイプ なんとなく不調型

・・・体が丈夫でない人に多く、何がストレスか明確でなく、体のバランスを崩し、何をするにもおっくうになるタイプ
→Aタイプと同じようにリラックスする事を考え、ゆっくりとお風呂に入り、のんびりしてください。
そして、腹式呼吸を心がけてください。スケジュールを立てたレクリエーションは逆効果です。

Cタイプ 憂鬱・落込み型

・・・自己不安定感強く、人から頼まれるとイヤと言えず、失敗すると自分の能力が無いと落ち込むタイプ
→自分の事を労わり、ペットを飼って心安らぐ時間を過ごすとよいです。パワーの強い人や場所は避けるべきで「がんばってね」と励まされるとかえってダメです。

Dタイプ イライラ・ムシャクシャ型

・・・ストレスを内面より気持ちの上に出して発散するので、ストレスをためにくいタイプ
(逆に周囲がストレスたまる)
→すぐにすっきり発散できるようなスポーツ等、体を動かすのが良いです。
一人でスポーツ等出来ない時は、今の気持ちを紙に書きなぐるのも良いです。
このタイプの方は瞑想などしても解消されず余計にイライラします。

このようにストレスの感じ方により、タイプ・解消法は違ってきます。
ストレスとうまく付き合って下さい。

コラム一覧に戻る
サイトTOPに戻る

商品カテゴリー

電話でのご注文はこちら:0120-07-6000 【受付時間】9:30~20:00(年末年始をのぞく)

インフォメーション

PCサイトへ