保有ポイント・注文の確認

ヘアケア専門店レフィーネ公式オンラインストア

何を食べましょうか。

お肉の食べ過ぎに、注意しましょう。

食材についてお話しいたします。

蛋白質の補給としての「肉類」ですが、アメリカからの輸入が話題となっている牛肉は、牛の体温が、約40℃あり、そこでたまっている脂肪を人間が食べますと、体に脂肪として残りやすくなります。

豚の体温は、38℃位ですので、牛よりは、脂肪は付きにくいです。

鶏も約40℃~42℃と体温が高く、ささみ以外は、脂肪が付きやすいのです。

逆に魚は約12℃と体温が低いため、魚の脂肪は、体に付きにくいのです。できるだけ、哺乳動物の肉は少な目にした方がよいでしょう。かわりに、魚、豆類を主体にされる事をおすすめします。

また、牛乳でおなかをこわす方がいますが、牛乳中の蛋白質カゼインは、消化しにくい蛋白質です。蛋白質が充分に消化され、小腸で吸収されますと、体にとって栄養となります。

しかし、胃腸の調子が悪く、充分に消化されないで、アミノ酸が多く結合したままのものを吸収しますと、アレルギーや、アトピー症状が出る事があります。普通の生活をしていても、蛋白質はもとより脂肪分、糖質を取り過ぎている方が多いようです。生命を維持するには、蛋白質は重要な栄養素ですが、食べ過ぎが現代の問題です。特に、肉の食べ過ぎに御注意下さい。

お肉の食べ過ぎに注意しましょう。

コラム一覧に戻る
サイトTOPに戻る

商品カテゴリー

電話でのご注文はこちら:0120-07-6000 【受付時間】9:30~20:00(年末年始をのぞく)

インフォメーション

PCサイトへ