あなたに安全・安心を─。白髪染め・ヘアケアのことならヘアケア専門店レフィーネ公式オンラインストアにおまかせください。


レフィーネ周年祭キャンペーン第2弾
ヘッドスパカラー色ツヤテクニック4選

嗜好品 その2 お酒

ライフスタイルと毛髪 『あきらめないで!!』

「嗜好品 その2 お酒」

お酒は、その飲み方によって百薬の長とも言われておりますが、反面、飲み過ぎは、体 をこわすどころか、死にいたることさえあります。まずは、毎日飲酒をされる場合の適 量を示します。
男性であれば、アルコール純分20~25gです。
ビールにすると、500ml に相当します。 女性の場合は、体の水分量そのものが少ないのと、分解酵素が少ないことから男性の約 半分の量と言われています。女性にとって、やや不公平だと思われるかも知れませんが、 WHO も認めている適性量です。
アルコールの分解は、男性なら第一段階で7gを1 時間。また、アセトアルデヒドにな り肝臓で最終的に炭酸ガスと水になるには48 時間かかります。アセトアルデヒドはホルムアルデヒド(ホルマリン)と構造が似ていて有害物です。
肝臓への影響は、お酒の種類によっても違いがあります。醸造酒は、あじわい深いものも多くありますが、精製されていな いため、エタノール以外のアルコールも微量に含まれており肝臓に負担を掛けます。なるべくならウィスキー、焼酎など の蒸留酒をおすすめします。お酒は、飲める、飲めないの個人差がありますが、けっして無理して飲めるようにはしない方が良さそうです。飲めないかたが無理をすると体調を壊すことが多いようです。お酒は、適量であればリラクゼーション、コミュニケーションの活性など良い面もありますから、できれば食事や会話を楽しみながらの飲酒をおすすめします。


初めての白髪染めガイド