あなたに安全・安心を─。白髪染め・ヘアケアのことならヘアケア専門店レフィーネ公式オンラインストアにおまかせください。


美人手帳2013年1月号

あったか美容「鍋」で肥満スッキリ!冬美人♪
美味しい鍋が”キレイ”に効く3つの理由
その1 野菜たっぷり低カロリー
白菜や春菊、大根にほうれん草、ネギなど旬の冬野菜がたっぷりとれる鍋。だしをたっぷり含んだスープも一緒に食べるので、低カロリーなのに満腹感はしっかり得られます。
その2 無敵の栄養バランス
美髪・美肌づくりに欠かせない豆腐や味噌、腸内を掃除してくれるきのこ類、ビタミンやコラーゲンが豊富な手羽先や豚肉の肉類など組み合わせによって、必要な栄養をバランスよく整えられるのが魅力です。
その3 血行促進で潤肌、ツヤ髪
アツアツの鍋料理を食べれば、冷え切った身体も芯からポカポカ。
血行改善は、イキイキとした肌色や、顔色を明るくする効果が。
また血流がアップして毛根への栄養素も運ばれやすくなり、健やかな髪づくりにもつながります。また、冷え性が多い女性にとって、手軽に温まることができる嬉しいメニューなのです。
鍋でキレイになる4つのコツ
食べる時間は21時まで!
低カロリーな鍋も、眠る直前や深夜に食べるのはNG。
低カロリーな鍋も、眠る直前や深夜に食べるのはNG。食べてすぐ寝ると、食べた分の脂質がバッチリ蓄積されるだけでなく、寝ている間も胃腸が動き続けるため、疲れがとれず、肌も胃も悪くしてしまう要因に。
しめの雑炊・うどんに注意!
最後の炭水化物は体重増加への一歩
最後のシメに雑炊、うどん。鍋の醍醐味ですよね。しかし、最後の炭水化物は体重増加への一歩です。どうしても食べたい場合は、ご飯や麺は少なめ、野菜たっぷり、しらたきを追加するなどで満足感を補って。
鍋でキレイになる4つのコツ
高カロリー鍋には手を出さない!
鍋とはいえ、種類によってはかなり高カロリー
鍋とはいえ、種類によってはかなり高カロリーになってしまう場合も。その代表が、砂糖たっぷりのたれで牛肉を煮付ける「すき焼き」。さらに「きりたんぽ鍋」も1本でごはん茶碗一杯分のため、いつの間にか高カロリーに。「ちゃんこ鍋」の肉団子なども、ついつい食べ過ぎてしまう可能性大です。また、ゴマダレもカロリーが高いので、だしやスープで食べれるもの、もしくはポン酢がおススメです。
具材は、冬野菜中心に!
旬な野菜はビタミンも栄養も盛りだくさん。
旬な野菜はビタミンも栄養も盛りだくさん。特にグルタミン酸が豊富な白菜や長ネギを肉や野菜と組み合わせると「うまみ成分」もアップする優れもの。どんな鍋に入れても相性が良い冬の定番野菜なので、ぜひ常備しておきたいですね。また、肉は脂身をとったり、脂質の少ない赤身を選びましょう。
鍋でキレイになる4つのコツ
おいしくって痩せる「鍋」
No.1 水炊き
「水炊きダイエット」なるものもあるくらい、低カロリーで知られる水炊き。
もも肉はジューシーですが高カロリーなので、ささみか胸肉も加えましょう。さらに手羽先も加えるとコラーゲンもたっぷり摂取できます。大根やゴボウなどお腹にたまりやすい野菜と一緒に食べれば、カロリーを気にせずお腹いっぱい食べられます。
「水炊きダイエット」なるものもあるくらい、低カロリーで知られる水炊き。
No.2 キムチ鍋
子供から大人まで、みんなが好きな大定番。
豊富なカプサイシンが身体の代謝を高め、さらに脂肪燃焼まで期待できる優秀鍋。醗酵食品の味噌をプラスしてコクをだし、豆腐で植物性タンパク質をプラスすれば、ツヤツヤ美髪&美肌が期待できます。キノコや白菜など野菜もたっぷり加えていただきましょう。
子供から大人まで、みんなが好きな大定番。
3位 トマト鍋
もはや、お鍋の定番メニューとなったトマト鍋。
ベースのスープをトマト味の野菜ジュースにすれば栄養価が一気にアップ。にんにくや生姜をたっぷり入れ、コンソメスープの素を入れれば、簡単スープの出来上がりです。脂身の少なくミネラル豊富な貝や、ビタミンBたっぷりのチーズと相性バツグンなので、最後は野菜たっぷりリゾットにしてもいいですね。
もはや、お鍋の定番メニューとなったトマト鍋。
4位 牡蠣のみぞれ鍋
海のミルクと呼ばれるほど栄養豊富な牡蠣は、美髪・美肌にも嬉しいビタミン・ミネラルもたくさん。
和風だしにたっぷりの大根おろしと一緒に食べれば、消化もよいため、翌日はスッキリ。焼きもちとも相性がいいので、小さく切って入れるのもおすすめ。ぷっくり煮えた牡蠣を、ポン酢しょうゆと一味、ゴマを振って召し上がれ。
海のミルクと呼ばれるほど栄養豊富な牡蠣は、美髪・美肌にも嬉しい
5位 湯豆腐
究極のシンプル鍋といえば、湯豆腐。
植物性タンパク質たっぷりのお豆腐は美肌と美髪の強い味方です。
昆布は鍋の水にしばらくつけて、旨みをしっかり引き出しましょう。
タレはポン酢だけでなく、みりんやだしを加えてまろやかにしたり、ゆず胡椒を足したり、豆板醤でピリ辛にしたりと、シンプルだからこそ様々なバリエーションを楽しみましょう。
植物性タンパク質たっぷりのお豆腐は美肌と美髪の強い味方です。
おいしくって痩せる「鍋」