あなたに安全・安心を─。白髪染め・ヘアケアのことならヘアケア専門店レフィーネ公式オンラインストアにおまかせください。


母の日の手紙 大募集



今回、お手紙を掲載させていただいた皆様にはお礼として、米ぬかバスオイル「ゆめぐみ」1本 をプレゼントさせていただきます。 商品の到着まで今しばらくお待ちください。

ぺンネーム よしりん様


お母さんへ

小さい頃、台所でお母さんとご飯の支度をしながら、 突然こう言われたのを覚えてる。
「大きくなったらあんたは自分の好きな道に進みなさいよ」と。

私はどうしてそんなこと言うのと聞くと、
「お母さんは中学を出てすぐ奉公にでたから、勉強もできなかった。
勉強したかったけど、家が貧しかったからね」
「あんたには自分の好きなことをやらせてあげたい」

幼心にも何か忘れられない力強い言葉で、私は人生の節目節目で この言葉を強く思い出したよ。

今、後悔せずに生きてこれたのは、お母さん、あなたの言葉のおかげです。
本当に温かく見守ってくれて、ありがとう。



ペンネーム ラヴ様


大好きなお母さんへ、

いつもいつもたくさんの優しさを本当にありがとう!
もう50歳近くになる私に対して、子供の頃とまったく変わらない?愛情を注いでくれて 本当に感謝の気持ちでいっぱいです!

結婚をするとき、誰よりも喜んでくれたお母さん!そして離婚するときも・・・
孫の面倒は私が一切見てあげるから!!早く家を出ておいで!と、 一番に喜んでくれたのもお母さんでしたね!
普通の親は・・・離婚は・・・我慢しなさい。 みたいな事をいい説得させるのにね(笑)
お父さんもあきれていましたね~。

でもいつも私のよき理解者でいてくれて何をしても一度も反対をすることなく すべての面で信用してくれていましたね。
親子でもあり友達でもあり~本当に常に私の心の支えでいてくれましたね。
私もそんなお母さんのようになりたいと常に思っていますよ~。

これからもずっと長生きして孫の和樹と隼人の結婚式には必ず出席してくださいね。
それから自転車での遠乗りは・・・・少し控えてね!!もう73歳になるんだから!!!



ペンネーム モナリザ様


母上さまへ

子供のころ、父の借金で朝早くから夜遅くまで働きづくめでしたね。
でも、いつも明るく大好きな民謡を歌っていました。
そのお蔭で私たち姉妹はそんな環境を理解もせずにこれました。

思春期に私が横道に反れたときにも寝ずに私を探し回り、警察に相談に行ったそうですね。
本当にごめんなさい。どれだけ心配を掛けたことでしょう。

さんざん親不孝した私も56歳になり、子ども4人、孫16人の家族ができました。
私も子供に翻弄されあなたの苦しみ辛さがイヤというほど身にしみました。

あなたは言いましたね。
「子供は大なり小なり親を土台にして成長していくものだよ。」 と・・・・!
私も子供によって随分と成長できました。

今はあなたと食事をしたり、話を聞いたり、たわいもないおしゃべりの時間が とても幸せです。
またそれが親孝行であり恩返しだと思っています。

父が亡くなるまで父に尽くし見送りましたね。
私たち子供はそんなあなたの後姿を見てきましたから、 あなたに一歩でも近づけますように努力して行きます。

最後に短歌を捧げます。
「苦しきも楽しきときも口ずさむ母の歌声今も変わらず」 ・・・
いつまでも健康で長生きして下さい。



ペンネーム mamae様


ヒナちゃんへ

あなたは我が家のトラブルメーカーでしたね。
私が幼い頃から毎年の様に家を飛び出し、温泉を巡って何食わぬ顔で帰って来る。
残された私達はずいぶん辛い思いをしたものです。

寝たきりになるまで30回以上家出したのに、お父さんは一度たりとも離婚を口に出しませんでした。

ヒナちゃん、あなたはそんなお父さんの優しさには気付きもせずに あの世へ旅立ちましたね。
先に逝ってしまったお父さんとは、その後どうですか?
もう家出しようにも戻る所はなくなってしまったんだから、もういい加減落ち着いて仲良くやってくださいね。

あなたがそんなんだったから、私は辛くても家を出るという選択が出来ないじゃないの・・・

お母さん似?って言われる様になった 娘より



ペンネーム coby様


「お母さん ありがとう」
そんなこと面と向かって言えたのは小学生まで・・・。

年を重ねて、迷惑かけたり、お世話してもらったり感謝の気持ちは大きく強くなっているのに、 顔を見ると・・・言えない。

忘れもしない、私が成人してから母に大きな迷惑をかけた。
母は人目も気にせず泣いた。 あんな泣き顔を見るのは初めてだった。
白髪は急に出ないという説もあるが、その日を境に母の白髪は急に増えた。

今では母の白髪が目立ってくると 言いにくそうに、申し訳なさそうに「白髪を染めて欲しいんだけど」と言う。
母の白髪を染めながら、いつもあの時のことを思い出して胸が苦しくなる。

本当に苦労をかけた。

膝が痛い、腰が痛い、と言いながらも元気に振舞うお母さん。
まだこれからも迷惑かけるんだろうな・・・。
まだこれからも心配させちゃうんだろうな・・・。
だからこれからも元気で優しいお母さんでいて下さい。

お母さんいつもありがとう。





| 1 | 2 |